• 契約書式・法令情報

  1. トップページ
  2. 会員支援「ハトサポ埼玉」
  3. 契約書式・法令情報
  4. 建物状況調査(インスペクション)への実務対応

建物状況調査(インスペクション)への実務対応

平成30年4月1日より、建物状況調査(インスペクション)への実務対応が始まります。

本会ではインスペクションの基本や実務対応に役立つ情報を提供しています。重説や契約書等への記載要領、建物状況調査の実施機関などの便利な情報をご利用ください。

建物状況調査(インスペクション)について

重要事項説明及び契約書等の書き方について

オンライン動画研修

既存住宅取引における宅建業者の業務のポイント
「建物状況調査」・「重要事項説明書」・「37条書面の作成」

全宅連・全宅保証において作成された研修動画をご覧いただけます。

第1章 宅建業法改正点の開設 (約16分)
第2章 建物状況調査の概要 (約13分)
第3章 既存住宅売買瑕疵保険の概要 (約11分)
第4章 建物状況調査の実際 (約17分)
第5章 取引の流れに沿った宅建業者の対応 (約56分)

※閲覧するには下記にご注意ください。
<Windowsの場合>Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。
<iOSの場合>Safariからアクセスしてください。(Facebookなどのブラウザ機能からは不可)

建物状況調査(インスペクション)制度に関するリーフレット資料

国土交通省が、既存住宅の売却予定者・購入希望者それぞれの立場向けに作成した本制度に関する資料です。取引等において本制度を説明する際の資料としてご利用ください。なお、建物状況調査の実施機関においても、制度概要を独自にまとめた資料を提供する場合もあります。

誌上研修

全宅連広報誌「リアルパートナー」等より、宅建業法の一部改正・民法の一部改正内容について特集した記事をご紹介しています。

建物状況調査実施機関について

全国10万社を誇る宅建協会のスケールメリットを生かして、一般財団法人ハトマーク支援機構がインスペクションを実施する機関と提携し、会員様向けに特別価格での商品・サービスをご提供しています。