宅建業法・民法改正

 宅地建物取引業の業務に影響を及ぼす各種法令情報をご案内しています。
宅建業法を改正する法律が成立し、建物状況調査(インスペクション)に関する説明の義務付け等は平成30年4月1日に施行されます。また、民法を改正する法律が成立し平成29年6月2日の公布から3年以内に施行されることとなっています。

 本件に関する講義の動画や紙上研修、お役立ち情報をご用意いたしましたのでご利用ください。

重要な法令情報

宅地建物取引業に関係する各種法令情報をご案内しています。

オンライン動画研修(準備中)

全宅連・全宅保証において作成された研修動画をご覧いただけます。

既存住宅取引における宅建業者の業務のポイント
~「建物状況調査」・「重要事項説明書」・「37条書面の作成」~

<おことわり> 本研修映像は、平成29年7月時点において公表されている資料等に基づき作成しており、改正宅建業法の施行までに法律の運用・解釈等が変わる可能性がございますので、予めご了承下さい。

全体(約113分)
00:00:00~00:16:11 / 第1章 宅建業法改正点の開設 (約16分)
00:16:11~00:28:57 / 第2章 建物状況調査の概要 (約13分)
00:28:57~00:39:44 / 第3章 既存住宅売買瑕疵保険の概要 (約11分)
00:39:44~00:57:09 / 第4章 建物状況調査の実際 (約17分)
00:57:09~01:52:58 / 第5章 取引の流れに沿った宅建業者の対応 (約56分)

誌上研修

 全宅連広報誌「リアルパートナー」等より、宅建業法の一部改正・民法の一部改正内容について特集した記事をご紹介しています。

関連書籍のご案内

 宅建業法の一部改正・民法の一部改正内容に関する書籍をご紹介しています。

「不動産取引のここが変わる!!早わかり民法改正」

 平成29年6月2日改正の「民法」についてイラスト付きでわかりやすく解説!本書は、公布された改正民法に基づき、改正の基本理念や、不動産取引(売買・賃貸)に与える影響について、イラスト付きで分かり易く解説するものです。不動産業界に携わる方々のために役立つ書籍として、充実した内容となっています。

出版:大成出版社
編著:深沢綜合法律事務所
監修:柴田龍太郎
責任編集:大桐代真子

「マンガでわかる!民法の大改正」

 平成29年6月2日改正の「民法」についてイラスト付きでわかりやすく解説!本書は、公布された改正民法に基づき、改正の基本理念や、不動産取引(売買・賃貸)に与える影響について、イラスト付きで分かり易く解説するものです。不動産業界に携わる方々のために役立つ書籍として、充実した内容となっています。

出版:建築資料研究社
著者:黒松百亜/まんが:しまだいさお