• 開業支援セミナー
  • 開業支援セミナー
  • 会員コラム「私の宝」

  1. トップページ
  2. お知らせ
  3. 会員コラム「私の宝」
  4. エピソード

会員コラム「私の宝」のご案内

本会発行の広報誌「宅建NEWS」にて連載中の会員投稿コラム「私の宝」。

毎号、会員の方が個人的に暖めてきた大切なことや、思い入れのあるエピソード、大好きな趣味や人生観を気ままに語っていただくコーナーです。

EP.37

私とラグビー

株式会社 共栄土地建設(彩央支部)
代表取締役 佐藤 泰彦 さん

埼玉県宅建協会

ラグビーを通じて多くの出会い

高校時代に「グリーントータス」という都内のラグビーチームに参加させていただき、多くの出会いに巡り合えました。
当時は、学校を卒業して参加できるチームは少なく、地方の高校大学の全国大会経験の猛者が集まり始めたところでした。
社会人も本格的に力を入れているところは少なく、強豪チームから40歳以上のオジサン選手との試合まで・・・。そして、毎週2試合ずつ行い、互いの健闘を認め合い、ビールを酌み交わす。
特に、横浜にある横浜外人クラブ(YCAC)との試合は、家族や友人恋人と和やかに過ごす楽しい時間でもありました。

「オールブラックス」でおなじみニュージーランドとの縁

また、ニュージーランドへの遠征、対戦したクラブの村で、はじめて外国人(私たち)を見たという人も多く村中総出で歓迎してもらえました。
その後4回にわたり遠征に加わり、青年会議所のアジア大会でもラグビーを通して、その土地の方と交流を深めました。NZ(ニュージーランド)の青年を4ヶ月ほど預かり、国際交流をさせていただいたこともあります。

子供たちに伝えたい“ノーサイドの精神”

そんな私ですから、結婚し、子供ができると鴻巣にラグビースクールを立ち上げ、子供たちに面白さを伝えてきました。私が伝えたい面白さ楽しさとは、試合中は真剣に相手を倒しに、試合後は相手と仲良く話をして交歓するまさにノーサイドの精神を伝えてきたと思います。
今回のラグビーワールドカップは大変な盛り上がりです。日本代表選手の一人であるトンガ出身のヴァル・アサエリ愛選手は私の娘と同級生、長男の先輩にあたります。家族そろってテレビで応援していました。

広報誌「宅建NEWS」2019年秋号掲載(11月)

  • 開業支援セミナー
  • 開業支援セミナー